2006年01月30日

第八十話:出産を終えて

長い長い戦いの末、ようやく生まれた赤ちゃん。
生まれてすぐに、私の胸の上に乗せられました。


・・・思ってたより軽っ!?


というのが、第一印象。でもそれは、産んだ直後で神経がマヒしていたためでしょう。

実際はそんなワケもなく、
しっかりと立派な重さ
だったわけですが。


それが分からないくらいの状態だった事は確かです。

胸に乗せられた、元気に泣いている赤ちゃんに何か話しかけたのですが、自分で何を言ったのか忘れました。「頑張ったね」とか何とか言ったかもしれません。

そして、初めて抱いた後すぐに赤ちゃんが連れていかれます。身長や体重を測るためです。 私は、次に後産が待っています。後産とは、赤ちゃんとつながっていた胎盤を排出する事です。
よく、軽い陣痛の後、個人差ですが30分以内には出てくるらしいでs・・・


って、5分もしないうちに
出てきちゃいましたヽ(´ー`)ノ



サクっと後産が終了。
旦那はいつの間にか外に出されていて、私は縫合です。産む時に、会陰切開と言って、ちょっと切られるんです。いきむのに必死な時なので、切られた時はあまり痛いとか感じる余裕もなかったですけど。

縫ってもらうのは、ちょっと痛かったです;;
(チクっとする程度にね)

全ての処置が終わり、赤ちゃんが運ばれてきました。家族も入ってきて、頑張った頑張った、と喜びの表情。

先生「赤ちゃんは身長50cm、体重3400gの女の子。立派な大きさでしたねーw」

(;´Д`)やはり最後まで立派でしたか。

しかも、何このぴったり覚えやすい数字。
どこまでもネタを提供してくれる、親孝行な娘ですね!(何

それから、初めての母乳を飲ませます。
実は、生まれる前から母乳が出てきていたので、割とすんなり飲ませる事ができました。懸命に口を動かしておっぱいに吸いつく我が子。これ以上ないくらいのいとおしさを、この時感じました。

その後、出産から2時間はそのまま分娩台で過ごします。具合が悪くなったりしたら大変なので、様子を見るためだそうです。
ぐったり休んでいると、3時を回りました。
すると、看護師さんがおぼんを持って入ってきました。

看「( ´∀`)おやつ来たけれど、食べれる?」

・・・そういえば、お昼も食べていないので、ちょっとお腹がすいてきました。

私「食べます
看「それじゃあここに置くね〜」
助「今日のおやつは何?」
看「( ´∀`)クレープです
助「いいな〜おいしそう〜」
私「腹ペコだぁー」
助「お、元気元気。大丈夫そうね〜」

とか何とか言われつつ、運ばれてきたおやつのクレープを食べようと、体を少し起こそうとします。・・・が。


全然力が入りません!


気がつくと、手も足もガクガクと震えている状態。
まともにフォークさえ持てません。

私「Σ(((゚Д゚;)))うわぁー震えて持てない」
助「そうでしょー。もっと近づけた方がいいんじゃない?」
看「この辺でいいかなぁ」
私「まるでヤクが切れた人だ!
看「あはははははは」

お馬鹿な冗談を言いつつも、あぁ、こんなにも力を出していたんだ・・・と、今さらのように思いました。

それでも何とかおやつを食べ(どこまでも食欲旺盛だな)また少し休んだ後で車椅子に乗せられて病室へ移動。赤ちゃんは、新生児室ですやすやと寝ていました。疲れたのでしょう。
頑張ったね。と心の中で声をかけます。

そして、病室のベッドでようやく横になった私。
横で付き添う旦那が
「お疲れさま」
と声をかけてくれました。その時・・・

私「・・・・・・あれ?」
旦那「どうしたの!?」



急に、涙が出てきました。
自分でもびっくりするくらい、ぽろぽろ出てきます。

私「あれっ、あはははは・・・なんか、ほっとしたら急に涙腺ゆるんできたみたい。あははは・・・」
旦那「ヾ(´∀` )よしよし」
私「。゚(゚´Д`゚)゜。


ボロ泣きしました。


分娩室で冷静だったのがウソのようです。赤ちゃんが生まれた感動を、ようやく実感できた瞬間でした。ひとしきり泣いた後、疲れ果てようやく眠りについた私。

分娩所要時間、24時間50分。
長い長い戦いを終え『プレママ』から、本当の『ママ』になる事ができた、なべなべでした。
posted by なべなべ at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 第七十一話〜第八十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まとめ読みの因果でこの事実に今日気付いた私は言葉がないです。
妹が甥を産んだ日は世界が輝いて見えました。
私が知らなかったいつかの日、世界が輝いていたんだなあ、としみじみ思う今日でした。
時差でおめでとうございます。
Posted by たこ麗子 at 2006年03月15日 18:33
>たこ麗子さん
こんにちは!
子供が生まれた日というのは、本当に世界が輝いているような気がしますね。さすがの私も感動しましたw
ありがとうございます(^^)
Posted by なべなべ at 2006年03月16日 08:44
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13038352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。