2006年01月30日

第七十九話:そして誕生へ・・・

数回のいきみの後、ついに頭が見えてきました。

助「おー、髪の毛しっかり生えてるねぇー」
私「Σ(´Д`;)へ!?
助「2cmくらい生えてるんじゃないかしらぁ〜?すんごいしっかりしてる」

ご丁寧に、髪の毛の事まで実況中継してくれる助産師さん(笑)しかし、答えている余裕もなく、痛みの波が襲ってきます。


吸って、吐いて。
吸って、吐いて。
深ーく吸って・・・止める!
長ーく長ーく長ーく、いきむ。
一度息を抜いて、もう一度。
長ーく長ーく長ーく、いきむ。



助「そう!いいよ!!うまいうまい!あと3回で出てくるよ!」



あと3回のいきみ!



よく具体的にそんな回数が分かるもんだw
とにかく、あと3回です。
たったの3回頑張ればいいんです。

襲い来る陣痛の波に合わせ、さらに気合を入れていきみます。すると、頭がどんどん出てきたようです。

助「よし、うまく回ってる!」
私「(;`・ω・´)〜〜〜っっ!
助「うわぁー、ホントにすごい髪の毛フサフサ生えてる〜w」
私「Σ(´Д`;)」

すごい髪の毛フサフサ生えてるらしいです
私も生まれた時そうだったらしいので、似たのでしょう。多分。

そして、「あと3回」と言われてから2回目の時。


ついに大きなものが
身体から出てこようと
しているのを感じました。



いきみ始めてから一番痛かったのは、この時だったかもしれません。

私「(;`・ω・´)〜〜〜!!
助「よし、身体出てきた!力抜いて、浅く呼吸!ハッハッハッハッ!
私「(;゚Д゚)ハッハッハッハッハッ・・・・・・」

この時、頭の上で旦那が心から優しい声で「頑張れ!」と言うのが聞こえた気がしました。



そして、午後1時44分。



パシャッ!!



羊水がはじける音がしたその直後でした。



ぉぎゃあ!
おぎゃあ!
ほぎゃあ!
ほぎゃあ!!
ほぎゃあ!!



分娩室に響き渡る赤ちゃんの産声。




生まれた・・・
生まれた・・・
生まれた!!!





この瞬間、感動よりもまず
「赤ちゃんが無事に生まれてくれた」
という安堵の気持ちの方が上回っていました。

生まれた瞬間は私は泣くんだろうなと思ってましたが、意外にそうではなく、この瞬間はひたすら安心した気持ちで満たされていた、なべなべでした。
posted by なべなべ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第七十一話〜第八十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13016874

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。