2006年01月29日

第七十三話:妊婦vs陣痛@

【1月28日 午後8時頃】

生理痛のような痛みを感じ始めたのは、夜の事でした。
時間を見ると、どうやら10分おきくらいにきている感じです。

陣痛キタ? (・∀・)

でも、痛みはイマイチの気もしなくはなかったり・・・。
もしかして微弱陣痛なのかしら。でも、もしかしたら、子宮口が開いてるかもしれないし・・・と思い、ドキドキしながら病院に電話。

看「それじゃ、一応見てみますので来てください」

と、いう訳で、あわてて着替えて病院へ。
即、内診を受けます。

看「子宮口1.5cmですね・・・」


(;´Д`)・・・あれぇ?


先日の健診から、大して変わってません。

看「うーん、陣痛も弱いですしねぇ。家近いし、もう少し自宅待機でもいいかも・・・

ぎゃふーん・・・_| ̄|○
今回もあえなく玉砕です。
いい陣痛が早く来る事を祈りつつ、帰ったのでありました。



【1月29日 午後2時頃】

私「さっき(12時過ぎくらい)から10分おきくらいに痛い感じ

下腹部の痛みを訴えつつ、やきそばを食べていた私。

母「・・・食べてる余裕あるうちは大丈夫でしょ」
父「そうだ、そんな食欲あるくらいだもんなぁ」
母「まだもうちょっとかかるでしょ」
私「うーん・・・」

痛みが今までより強いなぁと思いつつ、あくまでやきそばを食べ続ける私でした。



【午後3時半過ぎ】

私「いたたたたたた

痛みが増してきました。
今度こそいい陣痛が来たか?と思い、時間を見ます。
8分間隔での強い痛みです。

私「かなり来てるっぽい」
旦那「おぉ、もしやそれはうわさの陣痛というやつでは
母「時間見た方がいいわよ」
私「8分おきっぽい
母「病院に電話してみたら?」

早速病院に電話。
即来るように言われ、準備して旦那の車に乗り込みます。

私「三度目の正直で、ちゃんと陣痛つくといいなぁ」
旦那「三度目の正直・・・w」

病院に着いて、まっすぐ産科病棟へ行き、昨夜のように診察です。

看「子宮口3cmになりましたねー」


Σ(゚Д゚;)いきなり倍増かよ!


痛みも明らかに強いため、再び入院となったのでした。このままいい感じに陣痛がついていくといいなぁ・・・と思いながら、陣痛室へ移動した、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第七十一話〜第八十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12935278

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。