2006年01月16日

第六十五話:発熱する妊婦

昨日のその後の事・・・午前中は寝ていたものの、昼になりちょっと元気になってきた私。

旦那「寝てなくていいの?」
私「今のところは・・・寝てばっかりもツライしね」
旦那「もっとあったかくした方が・・・」
私「っていうかすでに暑いくらいなんですけど」
旦那「えー暑いの!?(;´Д`)」
私「汗かくくらい暑いよ!」
旦那「・・・熱があるのでは」

そう言われると心配なので、体温計で熱を計ります。
しかし・・・・・・

私「(・∀・)<・・・・・・。」
旦那「何度??」
私「(・∀・)34.9度・・・
旦那「何だその運動した後のトカゲみたいな体温は
私「おかしいなぁ・・・」

まぁ、どっちにしても熱はなさそうです。
気にしないことにして、お昼ごはんを食べました。
食欲もあり、旦那が心配するくらい食べる私。

旦那「そんなに食べて大丈夫なの?」
私「栄養つけて早く治さなきゃ!(`・ω・´)」

と、気合ばかりは十分です。その後、DVD鑑賞をしたりするなど、余裕ぶっこいていました。しかし・・・


―午後4時頃―

私「具合悪くなってきたかも・・・」
旦那「言わんこっちゃない!横になってた方がいいよぉ」
私「そーする・・・なんか身体だるい・・・」
母「熱計ってみた方がいいんじゃないの?」

再び体温計で計ってみます。

母「どう?」
私「・・・37.0度
旦那「ほらぁ〜!やっぱり熱あるんじゃん!!」
父「寝ろ寝ろ」
私「そうします・・・」

おとなしくベッドへ。
まぁ、微熱程度だし寝ればすぐ下がるだろう。

旦那「いっぱいお布団かけて寝た方がいいよぉ」
私「うん」
旦那「俺がかけてやるから寝るのだ」
私「ありがと・・・」

旦那に布団を3枚くらいバフバフとかけてもらい、寝ます。

旦那「ちゃんとあったかくなりましたか?」
私「・・・・・・寒い
旦那「Σ(´Д`;)さっきまで暑いって言ってたのに」

寒気がしてきました。
さっきまであんなに汗かくくらい暑かったのに・・・
懸命にムクムクと包まって寝ます。


―午後7時―

母「ゴハンできたけど食べれる?」
私「むぐ・・・あんまり食欲ない・・・」
旦那「昼間はすごく食欲あったのにね」
母「残念ねー。まさか熱出ると思わなかったから今日はうなぎ買ってきたのにね
私「食べます
母「(;´Д`)」

食い意地だけはある私。
ちょっとでもいいからうなぎを食べます。

旦那「あんなにぐったりしてたのに急に元気になったね」
父「この子は昔から食べる時だけは元気なんだよ・・・」

半ば呆れられながらそれでも食べました。すぐ横になるのは胃によろしくないので、食後に少しまったりしてました。その後、再び体温計測です。

母「もう一回計りなさいね」
私「はーい」
旦那「何度になった?」
私「・・・・・・・・・37.9度


(゚∀゚)<・・・・・・。




⊂⌒~⊃。Д。)⊃ウキュー・・・


旦那「Σ(゚д゚lll)えええー!」
父「寝てろ寝てろ!!」
母「っていうか赤ちゃんは大丈夫なの?」

・・・そうだ。
母体の体温が上がると、赤ちゃんは大丈夫なのか!?
心配になってきました。

私「病院に電話してみる」
母「そうしなさい」

大慌てで産婦人科に電話します。

私「あ、もしもし。2月3日出産予定のなべなべと申しますが」
看「はい、どうしましたかー?」
私「じつは、かくかくしかじかで、熱が高くて赤ちゃんが大丈夫なのか心配なのですが
看「あー・・・そのくらいの熱なら別に大丈夫ですよw」
私「そうなんですか・・・よかった・・・」
看「影響するような事はないですから、ゆっくり休むようにしてくださいね。もしそれ以上苦しくなってくるような事があればすぐに来てください」
私「分かりました。ありがとうございます」

(;´Д`)よかった・・・
この大事な時期に、38度近い熱とか出ると焦ります。
気にする事はないという事が分かり安心したので、再び寝る事にしました。熱を少しでも早く下げるため、汗をかかなければいけません。旦那がもう1枚余慶に毛布をかけてくれました。脱水症状になっても困るので、湯冷ましをそばに置いて、風邪が悪化しないよう(頻繁にトイレに行くため・・・)着替えも2枚ほど準備、子供用の冷えピタを頭に貼り付け(横にしか寝られないですからね)た上で就寝。
夜中はかなり寝苦しかったのですが、今朝になってようやく熱は平熱に下がりました。

どこで風邪をもらってしまったのやら・・・こないだ病院に行った時かも?
通院する時に風邪ひいてなくても、もらってしまう可能性もあるんだった・・・予防って大事ですね。これからは風邪ひいてなくても、マスクをして通院するようにしなければ。そう思った、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第六十一話〜第七十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12933374

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。