2006年01月14日

第六十三話:今宵は満月

同じ妊婦仲間のにぼママさんのBlogでも話題になっておりますが、今宵は満月です。

私「満月の日は生まれやすいとよく言うねぇ(゚∀゚)」
旦那「え、そうなの??」
私「らしいよ。昔からそう言われてるし・・・」
旦那「へぇ・・・なんか科学的根拠あるのかなぁ」

(´・ω・)科学的根拠か・・・
そう言われれば、あるんだろうか??
妊娠に関する様々な神話は結構アテにならないと感じている今日この頃なんですが、月齢というものは、生理とも関係すると言うし、ちょっと気になるところです。というワケで、ちょいと調べてみようと思いましたよ。すると・・・


出産と月齢は関係がある


というのは嘘ではなかったようです。
これは、アメリカの精神科医であるアーノルド・L・リーバーという人が『月の魔力』という著書でも述べている事なのだそうです。確かに地球上で潮が満ち干きする事も月の引力が影響するからだと言います。・・・やっぱりウソではなさそうですよ。

元々、女性の生理の周期も月齢周期と似ていますからね。
・・・・・・まぁ、個人差ありますけど(;´Д`)
人によっては2ヶ月に1回という人とか、いつも来るのがバラバラだという人もいますので、必ずそうだと言い切る事はできません。
しかし私は生理の周期が28〜29日です。
月齢周期は29.5日です。
なので、この理屈もバカにしたものではないかもしれません。

母「あぁ、月の満ち欠けはお産に影響するって言うわねぇ」
私「そうなんだってねぇ」
母「そういえば、アンタが生まれる時は同じ時間に3人も生まれたのよ。一気に3人も産気づいたなんてねぇ」
父「あー、あの日はそうだったなぁ。3人一気に産気づいて個人病院だったから大変だったんだよな」
私「へぇー(゚∀゚)」
父「あの日も何かがあったのかもしれないな」

あの日・・・それは1976年5月29日の午前2時頃のお話であります。ちなみに私の友達にも、まったく同じ誕生日の人がいます。という事はもしかしてその日は・・・?


(・∀・)調べてみよう!


簡単に調べられるのが、現代のネットワークの便利な所です。すると・・・


1976年5月29日:月齢0.1(新月)


( Д)  ゚  ゚ マジで!!
やっぱり意味ありそうだぁ。
という事はやはり、今宵は何かが起きる・・・!?
妊婦仲間の中でも、一人くらい産気づく人が出るかも?
っていうか他人事じゃないですね!
自分かも分からんですよ!ホント。
ちなみに次のピークは新月の1月29日ですかね・・・

今日からついに正産期・・・ちょっとドキドキワクワクな、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第六十一話〜第七十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。