2006年01月01日

第五十五話:下がってきた!?

年末からバタバタとお正月準備などで忙しくしていたワケですが・・・

旦那「そういえばさ」
私「んにゃ」
旦那「ご飯食べれるようになったよね・・・」
私「何が?」
旦那「だってついこないだまで、ちょっと食べると『うえっ』って言ってたじゃん」


(゚―゚)<・・・・・・・・・。


私「そういえばそうだね」
旦那「食べてから苦しくないの?」
私「あんまり・・・」

そういえば、年末に入ったあたりから胸焼けや胃もたれなどの現象が出なくなりました。ずっと胃の圧迫が激しくて、少し食べるとうえっとしていたはずなんですが・・・

旦那「胃の圧迫が減ったのでは」
私「そういわれれば、あんまり苦しくなくなった」
旦那「・・・・・・下がってきたのでは」


Σ( ̄□ ̄;)うぁっ!?


一般に臨月に入る36週くらいから胃のつかえがなくなり、スッキリしたような感じになると様々な文献にかかれています。私は現在まだ35週に入ったばかりのはずです。

私「・・・・・・赤ちゃんの位置が下がってきたのかな」
旦那「そうなんじゃないの?」
私「もう下がってきたのか・・・まるでもう臨月に入ってるみたいじゃん!」
旦那「うわーマニュアル通りの現象(´Д`;)」

とか言いながら、家事をしていたら・・・

私「うぎ!」
旦那「わっ、どうしたどうした」
私「足の付け根が激しく痛い!!
旦那「・・・・・・今まで痛いと言わなかった所が痛くなってるね」
私「うわーマジ痛い。歩けない歩けない(;´Д`)ノ」
旦那「・・・下がってきて重みがかかるところが変わってきたのでは」

何だか急激に状況の変化が起きている今日この頃です。
この状態について、出産の先輩であるウチの母親に聞いてみたのですが・・・

母「(゚∀゚)ここ1・2週間だったりして・・・w」


( Д) ゚ ゚ な、なんだってー!!


私「それはいくななんでも早いのでは(;´Д`)」
母「分かんないわよーいつ生まれてもおかしくないわね」
旦那「えー!そんなに早く生まれるの?」
母「まぁ、もう1月20日前後くらいからはいつでもおかしくないと考えてた方がいいんじゃないかしらねぇ」
旦那「1月20日・・・センター試験だ・・・_| ̄|○」←高校教諭
私「被ったらごめんなさい」
旦那「別の人に引率お願いしとかなきゃいけないかもなぁー」
私「お手数をおかけします・・・」

でもっ!でもっ!
まだちょっと早いんじゃないかしら・・・
なんて思いつつ、
もしかしたらなぁ・・・
なんて思ったり。
うーん、どうなるんだろう・・・と考え込んでいたら。

母「生まれるのが近くなると、赤ちゃんの胎動も少なくなってくるのよねぇ」

(゚―゚)<・・・・・・・・・。


そういや最近明らかに胎動が
少なくなったんですけど!



私「・・・生まれるのかな(;´Д`)」
母「大変だこりゃw」
私「ぅわぁーい(;´Д`)」

新年早々、状況が慌しくなってきたような気がしてきた、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第五十一話〜第六十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。