2005年12月26日

第五十二話:ついに34週

今日はいよいよ34週健診です・・・。

こんな日に限って氷点下ですごく寒い上に、ケーキとかケーキとかケーキなどを食べまくったりしたので、ぶっちゃけ病院に行くのも嫌なのですが、まさか行かないわけにもいかないので、凍った道を恐る恐る歩きながら通院です。

通常ならたった5分の道のりを10分かかって到着、早くも凍死しそうです。ゼィゼィしながら産婦人科へ。いつも通り、尿・血圧・体重測定を済ませます。
体重はあまり増えていません。

これなら心配ないな(´∀`)

と思いながら待ちます。今日はこの寒さのせいか、心なしか患者さんも少なく、比較的早めに呼ばれました。

医「それじゃあまずはお腹見ましょうねー」

子宮底長・腹囲を測り、いつものエコーであります。
赤ちゃんはもこもこ足を動かしています。

医「今日も元気に動いてますねぇ」
私「(*´∀`)」
医「赤ちゃんの推定体重は前回とほとんど同じですね」
私「よかった巨大化してないんですね」
医「まぁ34週にしてはやっぱり立派な大きさなんですけどね」



(;´Д`)どこまで行っても立派なんですか



そのままエコーを動かしていろんな方向から見るお医者さん。
すると・・・

医「お、手が耳の所にありますね」

赤ちゃんは、まるでヒソヒソ話を聞くかのように耳に手を当てています。

私「聞き耳立ててるんでしょうかねー」
医「ははは。話を聞いてるのかもしれないですね」
私「(*´∀`)」
医「・・・・・・ん?」
私「?」
医「いつもと方向が逆向いてますね。寝返り打ったんですねw」

いつも右側にあった体が、いつの間にか左側に来ています。赤ちゃんって結構動くものなのね・・・。まぁ、逆子ちゃんにはなっていないようなのでひと安心です。

ほのぼのエコーも終わり、お話です。

医「さて、検査の事ですが」
私「はい・・・・・・(゚Д゚;)」
医「昨日はクリスマスでしたねぇ(´∀`)」
私「そ、そうですね・・・(゚Д゚;)」
医「一昨日はクリスマスイヴでしたねぇ(´∀`)」
私「は、はい・・・(゚Д゚;)」
医「尿糖は+++ですねぇ(´∀`)」



_| ̄|○すみませんでした



医「ケーキはいくつ食べましたか?(´∀`)」
私「3日連続1個ずつです・・・_| ̄|○スミマセン」
医「分かりやすいですねーあはははははは」
私「行く先々で・・・_| ̄|○」
医「ま、今回は執行猶予という事でw
私「はい・・・_| ̄|○」
医「今度はお正月ですから、おしることか食べ過ぎないようにしましょうねw

早くもクギ刺されてしまいました・・・(しかもにこやかに)

私「気をつけます・・・」
医「あ、ぜんざいも食べ過ぎちゃダメですよww」


ちっ、おしるこだけじゃなくてぜんざいもダメか(ぉ

というのは冗談にしても。
正月はせめて雑煮くらいにとどめておきます・・・
イヤ、マジですみませんでした・・・
と軽くヘコみつつ、貧血の動向を見るため採血をし、再び寒い道を死にそうになりながら帰宅したのでありました(貧血の結果は来年に持ち越しです)

体重が増えてなきゃいいというワケではないという事を知った、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第五十一話〜第六十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12912215

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。