2005年12月14日

第四十一話:32週健診!後編

医「ちょっと前回の検査の事で問題が」
私「・・・何ですと?」

前回の検査。
それはズバリ貧血検査です。

私「前回の検査というと、貧血検査でしょうか・・・」

おそるおそる、聞いてみます。

医「はい、貧血検査の結果なんですが」


あぁ、もうこうなりゃヤケクソ。
何でも来い!ドンと来い!ヽ(`Д´)ノ


私「悪いんですか」
医「かなり相当な貧血になってますね



かなり相当・・・_| ̄|○



私「肋軟骨損傷の上に貧血・・・_| ̄|○」
医「いや〜これは立派な貧血ですね(・∀・)アハハ」



立派な貧血・・・_| ̄|○



医「数値がですね、この通りかなり低いです。初期の頃も若干貧血気味ではありましたが、ちょっとこれは貧血の度合いが進みすぎですね」
私「はい・・・_| ̄|○」
医「鉄剤を出しますから、それを飲んでもらう事にします」



鉄剤キタ―――('A`)―――・・・



医「それで、次回に改善してきたかどうか診る事にします」

ん?
次回改善したかどうか診る?
貧血を?
それはすなわち採血ですか?

医「なべなべさんいっぱい採血してますね〜(´∀`)」
私「輸血して欲しい気分です_| ̄|○」
医「普通はこんなに検査しないんですけどね、我慢してくださいね」

(つД`)普通じゃなかったんですね、やっぱり・・・

そういうワケで、今回はやたらいっぱい薬が処方されてしまった私。帰りは薬局に寄らなければなりません。行きつけの薬屋さんに行きました。すると・・・

薬「・・・湿布が出てますけど、どうしましたか?」

薬剤師さん、怪訝そうな顔をしています。

私「なんか・・・肋軟骨を痛めたとかで・・・」
薬「えっ!どこかぶつけたんですか!?大事な時期ですから、お大事にしてくださいね!」


すみません。
ぶつけてないのに壊れました。



思わず苦笑いした私でした。
迎えにきた旦那に、事の顛末を話したら

旦那「ほ〜ら!やっぱり骨だったろ!(`・ω・´)」
私「_| ̄|○」
旦那「絶対おかしいと思ったんだ!」
私「あぅ・・・」
旦那「満身創痍だね、ホントに・・・」

いやもうね、そういう事ってホントにあるんですね。
鉄分とカルシウム、摂ってるつもりだったんですけどね。
かなり気をつけなきゃダメなんですね。痛感しました・・・orz

ちなみにお腹の中の人はすこぶる快調。
推定体重は2400gになりました。
友達の子供は、その体重で生まれたそうな・・・(´Д`;)

中の人が元気という事だけが今回の救いだなぁ・・・と思った、なべなべでした。
posted by なべなべ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第四十一話〜第五十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12439791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。