2005年12月04日

第三十五話:闘わなくちゃ、腰痛と。

私「あいたたたたたたたた!!」

私が台所仕事をしていた時のこと。
その激痛が襲ってきました。

旦那「Σ(゚Д゚;≡;゚Д゚)ど、どうしたの!」
私「腰痛が痛い」
旦那「えっ!何やって痛くなったの?」
私「何もしてないのに腰が痛いの!」
旦那「腰のどこ?どのへん?」
私「右側・・・」

まるでサポセンに「何もしてないのにパソコンが壊れた!」と訴えるお客さんの如く、痛みを訴える私。旦那はどうすればいいのかオロオロしています。

旦那「そういう時はどうしたらいいんだ」
私「うぅ・・・ちょっと横になる・・・」

何をしても痛いので、とりあえず姿勢を変えてみます。

旦那「横になるといい?」
私「少しはいいみたい」
旦那「さすってあげよう」
私「ありがとう・・・」

しばし、さすってもらう事にしました。
うぅーん・・・そういえば最近、頻繁に腰痛に襲われるような・・・。

旦那「腰痛かぁ・・・何か対処方法ないものかな?薬塗るとかさぁ」
私「うーん、お約束の妊娠の本を見てみよう。何か書いてあるかもしれない」
旦那「そうだね」
私「頑張れ!って書いてあったらどうしようかw」
旦那「そんな事はないと思うよ(´Д`)」

とか言いながら、腰痛の項目を開きます。

腰痛は、妊婦さんのほとんどが経験します。特に後期になるとひどくなる事が多くなります。これは、お腹の赤ちゃんを支える事により腰の筋肉が過労状態になるためです。

私「やっぱりよくあるマイナートラブルなんだね(゚∀゚)」
旦那「そうなんだー妊婦さんはみんな大変なんだね」
私「で、対処方法はないかな・・・」

腰痛があまりひどい時は、自宅で横になって安静にしましょう。

私「(゚∀゚).。oO(・・・・・・。)」
旦那「(´Д`).。oO(・・・・・・。)」
私「・・・以上。」
旦那「・・・以上?」


つまり頑張れ!
って事ですか?



私「ぅわぁい・゚・(つД`)・゚・」
旦那「頑張るしかないんだね」
私「解決してねぇー・゚・(つД`)・゚・」
旦那「あ、でも薬がどうのって書いてない?」

市販の塗り薬や湿布薬は、お医者さんに実際に見せて使用してもいいかどうか相談しましょう。

私「あっそう('A`)」
旦那「(´Д`;)」
私「腰が立たないくらいひどくなるようなら相談して処方してもらうしかないのかもね」

しかし薬を使っても、根本的な解決にはなりません。日ごろから腰の筋肉を鍛えて、少しでも腰痛が軽くなるようにしましょう。

旦那「鍛えろって言ってますよ」
私「私の苦手な地道な努力をしろという事ですね_| ̄|○」
旦那「そういう事ですね!(゚∀゚)」

しかし、今鍛えるためにも行きませんし、急にやっても鍛えられるワケではありません。仕方ないので、そのまま旦那にさすってもらい、痛みを和らげてもらっていました。すると、旦那がある事に気が付きました。

旦那「左側は痛くないの?」
私「・・・・・・痛くない」
旦那「右側だけ痛いんだ」
私「そう・・・なんでかな」
旦那「右利きだからなんじゃないの?」
私「そういうものでしょうか・・・」
旦那「左も使うといいんじゃないのかな」

(´Д`)そんな事言われても・・・
まさか台所仕事を、利き手と反対の手でやるのはかなり危険行為です。

私「でも、そういう事じゃないような気がする・・・」
旦那「そうかぁ。それにしても、右側の腰の筋肉は異様に硬いね」

どうやら、右側はかなり凝っているようです・・・。

私「そんなに硬いんだ」
旦那「うん。・・・あっ!」
私「何」
旦那「腰だけじゃないよ!脚の筋肉も、尻の筋肉も硬いよ!!


え?
脚?
尻?


もしかして・・・

私「こないだのこむら返りか!
→「第三十話:コムラガエル。」参照
旦那「それだ!」


あぁ、そうか。それでこむら返りなんて起きたりするワケなのね・・・
それにしても何故右側は特にそんな状態なのだろうか?お腹が重いのだから、別に右側だけじゃなく、左側だって痛くなってもおかしくはないはず。なのに、右側の筋肉ばかりがやたら硬いのは変だなぁ。

私「私、姿勢が悪いのかなぁ。右側ばかりに偏ってるのかなぁ」
旦那「うーん・・・」

疑問に思いながら、動くお腹の子をさすっていました。
・・・その時、私もまた、ある事に気が付いたのです。

私「あ」
旦那「どうしたの」
私「頭だ!」
旦那「(・ω・)??」
私「赤ちゃんの頭の位置が右側にある!

そう、赤ちゃんの位置によって身体への負担のかかり方は違うはずなのです!右側に頭があれば、赤ちゃんの体重のほとんどは右側に寄っているのだから、右側に比重がかかるのは必然なのです!!(逆もまた然りという事ですねきっと・・・)

旦那「そうかぁ。そういう事かぁ」
私「なるほどね」
旦那「じゃあどっちにも均等になるような体勢になってもらうよう説得しなきゃね」
私「どんな体勢なんですかそれは・・・」

腰痛の原因が分かり、スッキリ(?)した私達。
あと2ヶ月しかないとはいえ、腰痛が少しでも軽くなるように日ごろの鍛錬も少しはやらないとなぁ・・・と思った、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三十一話〜第四十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。