2005年11月30日

第三十二話:ドンと来い、採血検査。

ここに来るのは何度目だろう・・・(´−`)
すっかり慣れてしまった採血室。こんな所慣れたくなかったなぁー・・・と正直思いながらも、慣れた調子で診察券を出す私なのでした。
採血室はたいてい混んでいるので、少し待つかなと思ったのですが、今日はどうやら入荷が少なめ(笑)の様子で、案外あっさりと呼ばれました。

看「なべなべさーん、3番にどうぞー」
私「はーい」

さぁ、始まったぞ。
順番としては、まず名前を聞かれるのです。

看「それでは確認のため、お名前をフルネームでお願いします」

・・・ほら来た!
言われるままに、フルネームを告げます。
次は診察券が間違いないかの確認だ!!

看「こちらの診察券で間違いないですね?」

ハイハイ、間違いありません、と。
診察券を受け取ります。
さぁ次は腕を出しますぞ!

看「では、腕を出してくださいねー」

私は血管が細くて右腕では血管見づらいのでいつも左です。
何も言われなくても最初から左腕を出す事にします。
そしたら今度はゴムのチューブを巻かれるから、親指を中に入れてぐっとこぶしを握るのだ!

看「親指中に入れて、ぎゅっと握ってください」

ほぅらね。
そうしていると、アルコールで消毒されて、刺す所を確認されるワケです。そして、刺したら手をゆっくり開けと言われるのですよ!



・・・・・・。
ブスッ。



看「それじゃあ手をゆっくり開いてくださいねー」

ほぅらね!ほぅらね!!

そんで、採ったらガーゼを当てて、ぎゅっと押さえるのですよ。
この時、揉んだりしちゃいけません!
揉むと紫色になっちゃいますからね!
揉まずにぎゅっと押さえるのです!
※注射した時に揉まなきゃいけないのは、筋肉注射とかの時ですよ。

そしたら採血は終わりという手順なのですよ。えぇ。



もう慣れたもんさ!
ドンと来い、採血検査!
はっはっは!!(・∀・)




看「はい、それじゃこのガーゼはテープで止めておきますね。あ、手で押さえなくてもいいですよ


・・・あれぇ?(´Д`;)


何故かいつもと違って、テープを巻かれます。
なじぇ?Why?


看「それじゃ、次に・・・


いやいやいやいやちょっと待て!
もう血は採っただろうが!
これ以上何をしようと言うんだ!



看「ピアスをどちらか片方でいいので外してください」
私「・・・・・・へ?」
看「どちらか片方の耳のピアスを外してもらえますか?」
私「????」

よく分からないけれど、言われるままにピアスを外します・・・
まさか耳からも血を採ろうというんじゃなかろうな!?

看「ピアスはこのガーゼに置いておいてください」
私「はい・・・あの、何するんでしょうか」
看「えっとですね、今から血小板の検査をします」


け っ し ょ う ば ん ?


看「血がどのくらいで止まるかの検査です。血小板が正常に働いてないと、血がなかなか止まらなかったりするので、それを調べるんです」
私「はぁ、そうなんですか」
看「耳に刺して、血が止まるまでの時間を計りますから、そのまま座っていてくださいね」

そう言って、看護士さんはストップウォッチを取り出しました。うーん、こんな検査は初めてです。血小板なんて、採血した血から調べられないものなのだろうか?と、軽くツッコんでみたのですが・・・

看「血小板の数がたくさんあるのは調べられても、正常に機能してるかどうかは分からないものなんですよ〜」
私「そういうもんなんですか・・・」
看「それじゃあ、ちょっとチクっとしますからねー」



チクッ



・・・なんだか、昔やった血液型の検査受けてるみたいだ。(子供の頃耳に刺して血を採られたんだよね)看護士さんはすぐさまストップウォッチで時間を計り始めました。



しーん・・・・・・(´−`)



血が出てくると、看護士さんがそのたびに拭き取ります。
しばし待つこと数分。(そんなに何分でもなかったと思う)

看「はい、止まりましたねー。耳にテープ貼っておきますけど、2時間くらいしたら剥がしていいですよ。それじゃあ検査はこれで終わりです。お疲れ様でした〜(^^)」
私「ありがとうございましたー」


・・・なんだかよく分からんけれど、検査終了。
血小板を検査してどうするのかなと思いましたが、よく考えたら、出産の時は出血するから、血が止まらないと困るので検査したのかと後で気が付きました。

(´Д`)<世の中には、知らない検査が色々あるのね・・・

とりあえず、今まで散々色々あったんだし、貧血だけでも引っかからないといいなと思った、なべなべでした。
posted by なべなべ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第三十一話〜第四十話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。